【四本万能鍬】耕作や根菜類の収穫に多用途で使える四本刃の鍬

初心者にも扱いやすい軽さ。耕作地の整地から根菜類の収穫まで使える便利な鍬です。
まんのう鍬(万能鍬)と呼ばれ、関東地方の東部〜北東地域(主に千葉県〜栃木県)で伝統的に使用されてきた形状の備中鍬。備中鍬は主に土起こしに使う刃先が二〜五本に分かれている鍬です。板状の刃先と爪状のものがあります。

【四本万能鍬】耕作や根菜類の収穫に多用途で使える四本刃の鍬

価格:

5,800円 (税込)

購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についてはコチラをご確認ください


匠のポイント
● あつかいやすい軽さの全鋼製の刃
● やや長めの105cm柄で作業時の前傾姿勢を軽減
● ハードな使用に耐える打ち込み式(金具止め補強)

商品仕様

道具の種類 備中鍬
主な用途 耕作地の整地、根菜類の収穫
刃のサイズ(刃長×刃幅) 220×190mm
刃の材質 全鋼
柄の長さ・接合部 105cm・打ち込み式(金具止め補強)
柄の材質th> 天然木、白木柄(無垢柄)
重量 1.8kg
ブランド名 【千成】四本万能鍬 木柄 105cm
メーカー品番 AD-211
製造メーカー 株式会社 相田合同工場 (新潟県三条市)
JANコード 4996569000796
【四本万能鍬】の寸法イメージ

軍手と比較してサイズをイメージして下さい

【四本万能鍬】の全形イメージ

商品の全形です

2013年度「製品安全対策優良企業」
良質の製品を永く安全に使ってほしいから
本製品の製造メーカー株式会社相田合同工場は、経済産業省より安全な製品の製造に関する取り組みが認められ、2010年度に続き「2013年度 製品安全対策優良企業表彰」を受賞しました。さらにその後、2015年度 製品安全対策ゴールド企業に認定されました。

ページトップへ